月収の内訳をよく確認しましょう

月収30万円以上と書いてある場合

 求人広告などでは、月収30万円以上とか書かれている場合が多いです。しかし、この30万円という数字について、よく確認することは大切だといえます。その内訳が重要なのです。

実は基本給は低かったりもします

 たとえば、営業職などの場合、そのほとんどが成果給だったりします。そして、基本給は15万円ほどということも考えられます。月収30万円以上と書かれていても、それは成果給が含まれたものだったりします。この点も、気をつけた方がいいでしょう。

残業代が含まれた収入だったりもします

 月収30万円以上と書かれていても、それは残業代込みの収入であって、実は基本給は低いということもよくあります。この点も、数字に惑わされることなく、きちんと確認してみるといいでしょう。

基本給をきちんと考慮することは大切です

 不況などの影響を最も受けやすいのが残業代です。仕事が少なくなって残業がなくなり、収入が足りなくなってしまったという話はよくあります。また、営業職などでは、売上が少なくなり、成果給が減ることもあります。これも、収入源につながります。こういった事態を避けるためにも、基本給がどのくらいなのか、きちんと確かめてから応募したいものです。